« 中山道六十九次を歩く | トップページ | 中山道3 戸田橋~浦和 »

2016年2月18日 (木)

中山道2 巣鴨~戸田橋

さて今回の行程は

JR巣鴨駅 ⇒ 真性寺 ⇒ とげぬき地蔵 ⇒ (1)板橋宿 ⇒ 縁切榎 ⇒ 志村一里塚 ⇒ JR浮間船渡駅

一番目の宿場、板橋宿です。

   ここは宿泊ではなく休憩したり見送る人達と遊んだりしたのだとか

   しかし、中山道だと聞くと見送る人は少なくなり、

   東海道の品川宿の方が人気だったとかcoldsweats01

真性寺  創建年代不祥 現在は真言宗豊山派のお寺

        「江戸名所図会」に描かれている名刹で、

        巣鴨では東福寺・西福寺と並び最も古い寺の一つ

Dscn5608

高岩寺(とげぬき地蔵)  曹洞宗のお寺。明治24年(1891)下谷屏風坂より移転

        本尊の延命地蔵の姿を描いたお札を飲むか患部に貼ると棘が抜けるように

        病が治ることから、「とげぬき地蔵」と呼ばれている。

        よくテレビに映される、お地蔵さんに水をかけているのは「洗い地蔵」とのこと

        これが、「とげぬき地蔵」と思っていた~coldsweats02

Dscn5609
地蔵通り  高岩寺前の通り、かの有名な 「おばあちゃんの原宿」

         午前中だからか?、縁日の日ではないからか? 全然混んでいない・・・

         毎月4の日が縁日、1・5・9月の24日は大祭でにぎわうそうですshine

Dscn5610
板橋宿  宿場の面影はどこ・・・? ありません、普通の商店街ですweep

Photo_8


Photo_9


Photo_10

板橋宿は平尾宿、中宿、上宿と3つからなり、かなり長い宿場(他をまだ知らないのでこの先もっと長い宿があるかもですが)

本陣、脇本陣も建物は残っていず、マンションだったり普通の住宅となっていて跡として石柱と看板があるのみ

Dscn5623
志村一里塚跡  日本橋から3里目の一里塚で道の両側に残っている。

            現在3代目のエノキが植えられている(国の史跡指定)

            一里塚が完全な姿で残るのは稀、都内では北区西ヶ原と2ヶ所のみsign03


本陣などの建物は残っていませんでしたが

その他の史跡として、巣鴨庚申塚・延命地蔵・近藤勇供養塔

              ・東光寺(宇喜多秀家のお墓・庚申塚・追分地蔵)

              ・縁切榎・水村玄洞家跡(高野長英ゆかりの地)・清水坂・薬師の泉         

              など

それほど遠くもないのに行ったことがなかった高岩寺、その他にも 初happy01埼京線train、浮間船渡駅、初めて聞く駅名でした~wink

« 中山道六十九次を歩く | トップページ | 中山道3 戸田橋~浦和 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事