« 15号~22号 | トップページ | モン・サン・ミッシェル »

2014年8月17日 (日)

フランスへ行きました

7月25日から8月1日の8日間でフランスへ行ってきました。

パリ・エアポート1泊

トゥール1泊

モンサンミッシェル1泊

パリ3泊

絶対、モンサンミッシェル宿泊 それも対岸地区宿泊プランsign01

この条件は絶対に譲れませんsign03 と言うことで。

しかし、6月設定の10日間のコースはツアーキャンセルで撃沈down

似たようなコースの8日間で妥協 結果はgood

成田国際空港13:55発ANA便でシャルル・ド・ゴール1空港へ(約12時間半)

出発が1時間も遅れたのに1時間早く着いたairplane

車が走る道路と違って、キャプテン次第ってことかしらsign02

7月26日(2日目)

ロワール地方へ

Dscn4523クロリュセ城

フランソワ1世の招きでフランスへ来た、レオナルド・ダ・ヴィンチが

生涯の最後の3年間を過ごしたお城。

Dscn4506ルネッサンスの庭園

樹木の成形や刈り込みが円錐形だったり、三角形とか幾何学的で

日本庭園とは大きな違い

Dscn4519レオナルド・ダ・ヴィンチのデッサンを基に作られたヘリコプター

レオナルド・ダ・ヴィンチパーク(庭園)に設置されていて、

その他にも城内の地階に展示室があり、オリジナルデッサンを基に、

エンジニアとしてのダ・ヴィンチの発明品が作成され展示しています。

戦車、自動車、旋回橋、飛行機の元祖とも言える空を飛ぶ機械、ヘリコプターなどなど

現代の物と似ている物を、16世紀に思考していたんだ~~

Dscn4524レオナルド・ダ・ヴィンチの植物園

レオナルド・ダ・ヴィンチがデッサン、絵画などに描いた稚樹、植物におおわれた庭園

今回、行かなかったジヴェルニーのクロード・モネの庭が似ているそう。

モネがここを訪れて庭を見た可能性はあるとガイドさんshine

そう思うと楽しいですhappy01

Dscn4537アンボワーズ城

フランソワ1世の居城

血なまぐさい歴史を持つ部屋もあるとか・・・城砦を思わせる外観ですよね!

ロワール川に架かる橋の上からパシャッcamera

このお城とレオナルド・ダ・ヴィンチが住むクロリュセ城とは地下道で繋がっていたらしい。

王が度々クロリュセ城を訪れ、親子ほど年の違う二人だが会話を楽しんだのだとか。

王はダ・ヴィンチを尊敬し、住居、年金、製作費用を出資し優遇、ダ・ヴィンチは生涯の最後の3年間を恵まれた環境の中で過ごしたと。

良かった、良かったhappy01

ところで、何故 「モナリザ」がイタリアではなくフランスにあるのか・・・?

     ダ・ヴィンチはローマから気に入った3枚の絵を持って来た

        フィレンツェの貴婦人の絵

        聖アンナと聖母子

        洗礼者ヨハネ

Dscn4545_2シャンボール城

青空でないのと修復中なのが残念

明日は、いよいよ モンサンミッシェル ですheart04upup





« 15号~22号 | トップページ | モン・サン・ミッシェル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事