« 14号 | トップページ | 夏なのに 白菜が 旬 !? »

2014年6月24日 (火)

「深川の雪」を見てきました

昨日、箱根の岡田美術館へ

66年ぶりに再発見されて、次回はいつ公開展示されるか

分からないからと、友人に薦められてsign01

今回は30日までsign03 

Photo_2 正面

2013年10月にオープン

近世・近代の日本画と、東アジア(日本・中国・韓国)の陶磁器など収蔵

箱根ホテル小涌園、ユネッサン の向い側にあります。

Photo_3 巨大壁画 「風・刻(かぜ・とき)」

一枚の絵ではありません。

右下の人と比べるとその大きさが分かります。

(ガラスに外の樹が写りこんでしまって・・・weep

建物の外に階段状の足湯カフェがあり、座ってじっくり鑑賞できます。

Dscn4426 深川の雪(購入したポストカード)

歌麿 「雪月花」三部作の一つ、肉筆画の最高傑作

縦199㎝×横341㎝の掛軸画では考えられない巨大な画面に

27名の人物たちが生き生きと描かれていると説明がありました。

昭和23(1948)年4月に銀座松屋で3日間展示されたあと行方不明にsign01

   誰が持っていたのでしょうね~知りたいです 気になりますhappy01

月と花はアメリカの二つの美術館にあるのだそうです。


美術館に入場するには、カメラ、携帯電話、飲食物はロッカーに入れ、

空港のようなセキュリティーチェックを受けます。

Dscn4431 お決まりのポストカード

東山魁夷 と 上村松園

美術館はまだ完成してはいなくて、ミュージアムショップも仮設??

外で工事が行われていました。

見学が終わったらちょうどお昼時

開化亭というところで、塔ノ沢にある瓔珞(ようらく)の 「鯛ごはん」のお弁当を

いただくことができました ラッキーdelicious

« 14号 | トップページ | 夏なのに 白菜が 旬 !? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事