« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月

2013年9月 3日 (火)

クィーン・メアリーズ・ガーデン

市北部の広大な公園、リージェンツ・パーク内にあります。

ローズ・ガーデンで有名とのことですが、バラ園の周辺にも美しい庭が続いています。

391_a 入口

401a

418a

421a

Photo_2 色とりどりのバラたち

バラに詳しくありませんが、色も複雑、外側と内側の色が違ったり、花弁の形、巻き方もいろいろでとても美しかったです。

今年は開花が遅くて見ごろではないとのことでしたが、いろいろな品種があるのでそれでも綺麗と思えました。


イギリスでの日程はこれが最終。

ロンドンは1日だけの観光で、心残りがいっぱい。

昨夕の道路渋滞により、ロンドン入りが遅くなり、三越でのショッピングがわずか20分。

あまり買わない私でも、ウィンドウショッピングはじっくりしたかったcoldsweats01

2013年9月 2日 (月)

ロンドン

イギリス最終日、ロンドン市内1日観光です。

ウェストミンスター寺院

339a

発祥は7世紀、長い歴史を経て13世紀にヘンリー3世がゴシック様式を取り入れて現在の姿に。

内部は写真ngですが、壮麗、豪華見応えありで必見です。

王の戴冠式に使われる椅子など王室関連のものもあります。

戴冠式crown あのエディンバラ城の 「運命の石」 をお忘れなくsign03

国会議事堂&ビッグ・ベン

341_a


衛兵パレード

360a

パレードは通常午前11時頃から始まるそうです。

衛兵は2隊が別方向から軍楽隊を先導役に行進して来て宮殿へ。

その軍楽隊は全国の部隊が交代でするので、キルト姿のスコットランド兵のこともあるとのこと、この日は写真と同じ服装でした。

スコットランド兵はエディンバラ城で見られたから、ラッキーでしたねscissors

見る場所の関係で宮殿前庭での交代の儀式は見られませんでしたが、パレードは毎日行われるとは限らないそうで、また冬だと上にグレーのコートを着てしまうので、地味ですってsmile

見られて良かった~heart04


バッキンガム宮殿

366a

ヴィクトリア女王以来、歴代のイギリス国王が住んだ宮殿、現在のエリザベス女王もお住まいです。

屋上に王室旗があれば、女王在館の合図。この日はユニオンジャックだから不在?

王室旗は分からないけれど・・・

ここのバルコニーにダイアナ妃、ウィリアム王子とキャサリン妃が立って手を振っていたんですね~happy01


セント・ポールズ大聖堂

1708年、建築家クリストファー・レンによって30年以上の歳月を費やして完成。

ヴァチカンのサン・ピエトロ寺院に想を得た傑作なのだとか。

442a

ロンドン名物ダブルデッカーを入れて撮ってみましたbus

私もダブルデッカーの2階席に乗車、車窓からパチリcamera

内部はモザイク画に飾られているのですって、見たかったweep


大英博物館

世界最大級の博物館。 収蔵コレクションは600万点に及ぶそうですwobbly

じっくり見ると1週間はかかるそうですよ。

日本人ガイドさんの案内で私たちはわずか1時間、忙しかった~混んでいたし coldsweats02

エジプト・ギリシア・ローマのコーナーの代表的なものを見ました。

学校で習った、あの 「ロゼッタ・ストーン」もね、これは博物館の超目玉ですから。

Photo  

本当のところ私は、ナショナルギャラリーへ行きたかった・・・博物館に全く興味がないわけではないけれど、絵画のほうが好きです。

またの機会が巡ってくるでしょうか?  来てほしいものですsign03

2013年9月 1日 (日)

コッツウォルズ・バース・ストーンヘンジ

コッツウォルズという名は、テレビなどの旅番組で見聞きはしていました。

はちみつ色の愛らしい家々が並んだ小さな村がそうだと思っていたのですが、オックスフォードやストラットフォード・アポン・エイヴォン、バースなどの街や村々の広い丘陵地帯のことだったのですね。

オックスフォードは行かなかったのですが、行ってみたかったなぁ~heart02

バイブリー

詩人のウィリアム・モリスが 「イングランドでもっとも美しい」 と称賛した村。

かってのアーリントン村とバイブリー村が今はひとつのバイブリーという街になっているそうです。

225a アーリントンロウ

連なる小屋はかって羊毛の収納に使われていたものとのことです。

俗称ウール・チャーチという羊毛の商いで栄えたおかげで建てられた教会もあるそうです。(時間がなくて行けなかったdespair

235a

近くを流れるコルン川には養鱒場があり、白鳥、カモ、バンなどがいました。


ボートン・オン・ザ・ウォーター

250a

コッツウォルズの中心に位置し「リトル・ヴェニス」 の愛称で親しまれる美しい村。

ウィンド・ラッシュ川、水深わずか10cm、川沿いに急勾配の石屋根に窓と煙突が並ぶ17世紀頃の石造りの家々、川を泳ぐカモの姿・・・のんびりとした景色に癒されますね。

244a

川面と木々を見ているぶんには十分癒されましたが、川の両岸は大層な人で・・・coldsweats01


バース

281a ローマン・バース

お風呂の語源とか。

ローマ浴場、約2000年前にグレートブリテン島(現イギリス)に進出したローマ帝国によって開かれた温泉スパ。

壮大な神殿と浴場跡。ローマ人が撤退後は衰退していたが、18世紀になって発掘、復元されたとのことです。

日本語の音声ガイド利用で1時間30分くらい自由に見学しましたが、見応えがあって最後のほうは時間が足りなくなって端折ってしまいました。

283a あららッ、ローマ人sign02

スタッフさんかな?

A バース寺院

バース浴場のすぐ近くにあります。

創建は757年、現在のゴシック様式の建物は1617年に完成した美しい教会。

浴場の見学に時間を取ってしまい、 「教会がいいわよ~」と言われて大急ぎ、人の合間を縫ってパシャcamera

天使がハシゴを登っていましたlovely  中に入れたのかしら~?

教会前の広場は人、人、人、大賑わい。



ストーンヘンジ

牧草地にこつ然と立つサークル状の巨石群。

紀元前3000年から1600年の間にできたとされ、夏至の日の出と冬至の日没の方角を指すように整列されているのだそうですが、正確な築造目的はいまだに謎だそうです。

296a_2

左のほうにチョボチョボと見えるのが人ですよ~wobbly

一度は見たかったのですが~~ポイントで音声ガイドを聞きながらの見学、時間がありすぎて~~おまけに暑かった crying 日陰がないんですものsign01

バスの不具合で交換待ち、出発が遅延、この影響で渋滞にあい、ロンドン到着が遅れた~~~bus

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »