« ハワース | トップページ | コッツウォルズ・バース・ストーンヘンジ »

2013年8月30日 (金)

ストラットファード・アポン・エイヴォン

偉大な劇作家シェイクスピアのゆかりの小さな街です。

ここで生まれ、ロンドンで名声を得た後、晩年に戻って最後を迎えているそうです。

街の教会に家族とともに眠っています。

街には今も木枠に漆喰壁の16世紀のチューダー様式の建物があり、シェイクスピアの時代の雰囲気に包まれます。


143a ハーヴァード・ハウス

3軒の内の右端の家、1596年建設。

ハーヴァード大学創立に貢献したジョン・ハーヴァードが生まれた家。
145a ファルコン・ホテル

16世紀のチューダー様式の建物。

宿泊したホテルです。

当時のままの部屋もあるそうですが、裏手の近代的な部屋に泊まりました。

食堂は古い部分だったですね~

1637年創業のシェイクスピアの名前を冠した名門ホテルもありましたよ!
150a オールド・バンク

ビクトリア時代の赤レンガとテラコッタの建物。

164a

扉の上にシェイクスピア劇の中のワンシーンが描かれています。

なんの劇? あまり(ほとんどかも)詳しくないので、シェイクスピア本人かと思ったんですけど・・・ツアー中ではなく散歩で見かけたので、TDさんに質問してみたら良かったですねcoldsweats01

まあ、大したことではありませんが。。。
Photo シェイクスピア像と作品登場人物像

エイヴォン河の畔、ガウアー・メモリアルの中央にシェイクスピアのブロンズ像。

その周りに作品の中でも有名な登場人物、マクベス夫人、ハムレット、フォルスタッフ、ハル王子の像が建っています。
203a シェイクスピアの生家(庭園側)

今は、棟続きで並んでいた大きな家の一角のみ残り、近年になってシェイクスピアが暮らしていた当時の状態に修復され、家具、調度、壁の装飾にいたるまで16~17世紀の様式を忠実に再現しているとのことです。

庭園でシェイクスピア劇が上演されています。
177a アン・ハサウェイの家

妻が結婚するまで住んでいた家。

自然を生かした庭園に囲まれた茅葺屋根の家は400年前のままです。

曲線を描いた屋根が素敵でした。

この地方独特だそうで、裕福な農家の典型とのことです。
217a ホーリー・トリニティ教会

シェイクスピアが生誕洗礼を受け、死後埋葬されたところ。

妻や娘など一族も眠る教会です。

« ハワース | トップページ | コッツウォルズ・バース・ストーンヘンジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事