« ザグレブ(クロアチア) | トップページ | ブレッド、ポストイナ(スロヴェニア) »

2012年10月25日 (木)

リュブリャナ(スロヴェニア)

今回からスロヴェニアに入りました。

リュヴリャナは首都です。

かってローマ帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、フランス帝国、ハプスブルク家などに

支配された歴史をもつ都市です。

歴史に翻弄されながらも繁栄し、現在もスロヴェニアの中心地として発展しています。


三本橋

351

リュブリャニツァ川にかかる、旧市街と新市街を結ぶ三本の橋が一体になった橋。

上から撮ると良く分かるのですが・・・

最初に写真真ん中の石の橋がかけられ、往来の増加に合わせて、スロヴェニアの

建築家ヨジェ・プレチュニクが歩行者用の橋を両側に付け足す設計をしたもの。


聖ニコラス大聖堂(リュブリャナ大聖堂)

3372

13世紀に聖ニコラスに献堂するために建てられた。

358

聖堂入口の扉(青銅製)はスロヴェニアの彫刻家ミルサド・ベギッチ作。

1996年に前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が大聖堂を訪問し

祈りをささげたことを記念して制作された。

この日は大聖堂が司教座となって550年の記念のミサが行われるということで、

18時頃から教会の鐘が町中に鳴り響いていました。

教会の中はバロック調の内装と天井画が見事らしいのですが、特別なミサが

行われているので、入口のそばでそ~っと! ちょこっとミサを見学。


リュブリャナを守る竜

452

リュブリャニツァ川にかかる橋の一つ、「竜の橋」の欄干に4体鎮座しています。

ギリシア神話の英雄イアソンとリュブリャナ誕生の伝説に竜が出てきて、

竜はリュブリャナの市章にも描かれています。


市庁舎

460

三本橋の近く、旧市街にある市庁舎の前をたまたま散策していたら、

バルコニーで音楽を演奏しているのに遭遇しました。

土曜日の11時です、休日にするのでしょうか? 毎日??


市庁舎前の広場からの大聖堂

458

奥に見える塔とドーム屋根の建物です。

昨夕に続き今日もミサが行われていて、見学は遠慮しました。

聖ニコラスは日本では「サンタクロース」でお馴染みな方です。


次回はブレッド、ポストイナ(スロヴェニア)です。

« ザグレブ(クロアチア) | トップページ | ブレッド、ポストイナ(スロヴェニア) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事